/

137年のロングセラー化粧品会社、コロナで再び脚光

LBSローカルビジネスサテライト

美しくありたい――。桃谷順天館(大阪市)は紀州徳川家に仕えた薬種商を起源とし、「美顔水」を軸に化粧水の製造・販売などに力を注いできた。新型コロナウイルス禍のマスク着用でにきびになる人が増え、SNS(交流サイト)上で人気に火がつき、製造が追いつかないほどだったという。1913年に開設した日本最古とされる化粧品専門の研究所では、現在も40人超が研究開発にあたる。美しい肌をつくるために肌や腸の細菌にまで目を向ける。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日本経済新聞とTXN系列5局(テレビ大阪、テレビ愛知、TVQ九州放送、テレビ北海道、テレビせとうち)による動画コンテンツ「LBSローカルビジネスサテライト」。躍動する地域経済と地方企業の取れたてニュース・トレンドを各地のリレー方式で発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン