/

この記事は会員限定です

大阪・箕面山のサルはどこに? 自然回帰へ山奥に誘導

とことん調査隊

[有料会員限定]

箕面大滝(大阪府箕面市)周辺の土産物店に並ぶ名物「箕面ビール」。ラベルにはかわいらしいサルの絵が描かれる。箕面山(同)には古くからニホンザルが多く生息していることが由来だが、「最近はめっきり見なくなった」と土産物店の女将。箕面山のサルは一体どこにいったのか。

箕面市役所に問い合わせると「観光客が多い滝周辺や麓に降りないよう、山奥で餌を与えている」(箕面市教育委員会)とのこと。早速給餌場に向かった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1203文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません