/

通天閣、近隣ホテルと提携 宿泊者は先行入場などの特典

大阪・新世界の観光名所「通天閣」を運営する通天閣観光(大阪市)は近隣のウィローズホテル大阪新今宮と提携し、7月1日から宿泊者向けサービスを開始する。通天閣のオープン約5分前に入場できる「アーリーエントリー」や、通常900円の展望台入場券が800円になるなどの特典をつける。

初代通天閣の誕生から7月3日で110周年となるのを機に、観光誘客を強化する狙い。通天閣観光の高井隆光社長は「110周年を迎えるにあたり、最も身近なホテルに協力を仰いだ。積極的にイベントを開催し、地域全体を盛り上げたい」と意気込む。110周年記念として、2~8日は5色ライトアップも予定している。

同ホテルの担当者は「新世界には多くの人が訪れるが、別の場所に宿泊する人が多いのが現状」と説明。ホテル玄関前のスペースを「通天閣広場」と名付け、両者が協力してイベントを誘致する。ホテルの屋上には通天閣を背景に写真を撮れるフォトスポットも設ける。

関西セクショントップページはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン