/

コクヨ、24年12月期に営業益4割増 新中計

コクヨは29日、2024年12月期を最終年度とする3カ年の中期経営計画を発表した。新型コロナウイルス禍で企業の働き方が変化するなか、オフィスのリニューアル需要を取り込む。文具では電子商取引(EC)を強化する。24年12月期の連結営業利益を21年12月期見込み比4割増の275億円にする計画だ。スタートアップなどとの協業で新事業の創出も目指す。

22年12月期から収益認識に関する会計基準を採用する予定で、同基準で比較した。24年12月期の売上高は2割増の3600億円を計画する。資本を使っていかに効率的に利益を出したかを示す自己資本利益率(ROE)は20年12月期の2倍の8%に高める。

成長投資では、オフィス家具事業を中心とする「ワークスタイル事業」に200億円、文具事業を中心とする「ライフスタイル事業」に100億円を充てる。スタートアップや他社との協業で3年間で15の新しい事業をつくることを目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン