/

堂島取引所、貴金属市場創設へ 年内にも

堂島取引所(大阪市)は29日、金や銀など貴金属を扱う先物市場を12月にも創設すると発表した。主力としていたコメ先物は2021年夏に上場廃止が決まり、事業のてこ入れが喫緊の課題となる中、新たな市場を通して成長につなげたい考えだ。

貴金属市場では金と銀、プラチナ(白金)の3商品を扱い、12月の取引開始を目標とする。24年度をめどに農産物と砂糖市場の取扱商品を追加し、将来的には現物やデリバティブ(金融派生商品)なども扱う総合取引所を目指す。

29日付で社長に就任したSBIホールディングス(HD)出身の村田雅志氏は、堂島取引所の取引高がゼロとなっている現状について「かなりの異常事態」と指摘。「早く取引のある取引所に戻すため貴金属市場を創設する」と訴えた。

コメ先物の取引再開に向けては「再挑戦もひとつの方策だ。農林水産省との交渉を通して早期に着手する」とした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン