/

「最高峰」のプロジェクター、品質守るパナ熟練工の現場

LBSローカルビジネスサテライト

2021年に開催された東京五輪・パラリンピックでは鮮やかな映像演出が開会・閉会式を彩って世界的に注目された。使われたのが「パナソニック」ブランドの業務用プロジェクターだ。大阪府門真市にある工場内部で製造工程をみると、熟練の技を持つ職人が分担しながら、最大4千点を超える部品をほとんど手作業で組み立てていく。例えば、光源からの光を3原色である赤、青、緑の各色にわけるプリズムの部品は接着剤の厚さを数ミクロン単位で調整しながら貼り付ける。一方、職人が作業している上部のモニターに表示される指図書は、既定のネジ締め作業が終わるまでは次のページに進まない仕組み。匠(たくみ)の技とデジタル技術を組み合わせたものづくりが生み出す高精度の映像が、万博など世界各地でのイベントを彩っている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日本経済新聞とTXN系列5局(テレビ大阪、テレビ愛知、TVQ九州放送、テレビ北海道、テレビせとうち)による動画コンテンツ「LBSローカルビジネスサテライト」。躍動する地域経済と地方企業の取れたてニュース・トレンドを各地のリレー方式で発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン