/

この記事は会員限定です

関西の人口、都心集中一段と ベッドタウンの増加顕著

[有料会員限定]

関西圏の人口の都心集中が一段と進んでいる。2020年国勢調査で関西6府県の人口は5年前に比べ17万人強減少した。人口減少に歯止めがかからない中、大阪市中心部や周辺ベッドタウンといった地の利に勝る自治体の人口増が顕著だ。子育て・移住支援に注力する自治体は多いが、少子高齢化という構造要因に抗するにはさらなる取り組みが求められている。

データで読む地域再生

関西6府県全体の人口はこの10年間で和歌山市に相当する約35万人が減...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1700文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン