/

この記事は会員限定です

大阪万博、吉本「笑い」で世界つなぐ 民間パビリオン競う

[有料会員限定]

2025年国際博覧会(大阪・関西万博)には、住友グループや吉本興業ホールディングス(HD)といった関西ゆかりの企業が展示などで多く参加する。30日には12の民間パビリオンの概要が発表され、各企業・団体のトップらは万博への期待を示した。1970年万博当時と比べ東京に後れを取る関西経済だが、万博を機にした巻き返しへの思いがにじむ。

「大阪・関西は住友発祥の地。万博への出展は大阪・関西エリアのさらなる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1212文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

2025年 万博

2025年に開催される大阪・関西万博のニュースや特集をまとめました。参加国やパビリオン、地元の盛り上がりなど、最新情報を読めます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン