/

この記事は会員限定です

ヒトの臓器・組織まねて老化やがん研究 創薬を加速

科学記者の目

[有料会員限定]

微細な流路などを使ってヒトの臓器や組織をまねる基礎研究が、大学や研究機関で盛んだ。工学と生物学を融合した分野で、体の老化の仕組みの一端が明らかになるなど、成果が見えてきた。体を模倣して病気や変化を起こせば、それを妨げる効果を持つ薬を見つけやすくなる。難易度が増す創薬研究を加速できる。

「体中を巡る毛細血管が老いる様子が、詳しく見えてきた」。東京大学生産技術研究所の松永行子准教授が指す先には、人工的...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1275文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン