/

大阪の小学校、異臭で全児童下校 22人搬送も軽症か

(更新)

29日午前9時15分ごろ、大阪府豊中市の市立豊南小学校で「校舎から硫黄臭がする」と校長から119番があった。大阪府警や豊中市消防局によると、児童33人が体調不良を訴え、うち22人が病院に搬送されたが軽症とみられる。学校は同日、全児童約290人を下校させた。

消防などが異臭騒ぎがあった南校舎に加え、家庭科室や理科室がある別の校舎もガス検知器を使って調べたが、硫黄などの成分は検知されなかったという。学校側は安全が確認されたとして、30日から授業を再開する。

豊中市教育委員会などによると、同日午前8時55分ごろ、生徒や教員が南校舎で異臭に気づき、校長に知らせた。当時1時間目の授業中だった。南校舎には1、2、6年生の教室のほかに音楽室や職員室、保健室があるという。

豊南小はこの日の授業を取りやめ、児童や教職員は体育館に避難。その後体調に問題のない児童は迎えに来た保護者に引き渡され、順次下校した。現場には消防車や救急車16台が出動し、周囲は騒然となった。

豊南小は児童約290人が在籍し、阪急宝塚線庄内駅から東に約600メートルの住宅街にある。

関西セクショントップページはこちら

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません