/

この記事は会員限定です

産後ケア、広がる自治体の支援 利用促す周知課題

[有料会員限定]

出産後の母親に対する心身のケアや育児支援の拡充に、各地の自治体が乗り出している。今春の改正法施行に伴い、「産後ケア」が自治体の努力義務となったことが背景にある。長引く新型コロナウイルス下では「産後うつ」の増加も懸念される。里帰り出産や外出が難しくなり、孤立するケースが増えるとみられるからだ。一人で悩みを抱える前に、利用してもらえるよう促すための周知が今後の課題となる。

「助産師さんから専門的な助言...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1269文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン