/

この記事は会員限定です

ダイキンの今期、営業益16%増 コロナ前水準回復へ

[有料会員限定]

ダイキン工業の2022年3月期の連結営業利益が、同社開示の前期予想に比べて16%増の2700億円前後の見通しであることが分かった。北米や中国、欧州など各地で省エネ性能に優れるエアコンの販売が上向く。銅をはじめとした原材料価格の高騰といった業績の押し下げ要因をコストダウンなどで吸収し、新型コロナウイルスの感染が広がる前の20年3月期(2655億円)の水準を上回る見込みだ。

5月11日の決算発表で今期の業績予想を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り716文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン