/

この記事は会員限定です

京都府立大学「たたかうあまざけ」 ダチョウ抗体で免疫力

キャンパス発この一品

[有料会員限定]

京都府立大学はダチョウの卵黄由来の抗体「ダテウブリン」を含んだノンアルコールの甘酒を会津天宝醸造(福島県会津若松市)と開発した。ダチョウは他の動物より免疫力に優れており、塚本康浩学長が長年研究している。ダチョウに新型コロナウイルスを投与すると、次世代が免疫を獲得するために卵に抗体を残す。この卵黄から抗体のみを抽出して甘酒に混ぜた。

ダテウブリンは「新型コロナウイルスなどの感染を抑える効果が期待で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り419文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません