/

この記事は会員限定です

オーケー・二宮社長、関西出店「数店舗でとどまらない」

関西スーパー争奪戦その後・オーケー関西進出㊦

[有料会員限定]

2024年3月末までに関西市場への進出を決めた首都圏地盤のディスカウントスーパー、オーケー(横浜市)。大阪府東大阪市に設ける旗艦店を手始めに店舗数を増やす方針だ。旧関西スーパーマーケットを巡る争奪戦から約1年、単独での出店を決めたオーケーの二宮涼太郎社長に今後の戦略を聞いた。

――東大阪市の土地を約27億円で落札して「関西エリアにおける旗艦店」を設けると発表しました。相場より高額との指摘もありま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1132文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン