/

マンションで大学生殺害か 多数の切り傷と出血、大阪

28日午前6時55分ごろ、大阪府大東市谷川2の5階建てのマンションで「女性の叫び声が5分くらい前から聞こえる」と近隣住民から110番があった。警察官が3階の一室でこの部屋に住む私立大4年、吉岡桃七さん(21)が血を流して倒れているのを発見。直後に2階の一室で火災も確認し、室内に倒れていた40代ぐらいの男性と吉岡さんが搬送先の病院で死亡した。

2人が見つかったマンション。2階と3階のベランダにシートがかけられている(28日、大阪府大東市)=共同

府警によると、吉岡さんは1人暮らし。体には切られたような多数の傷と出血があり、ベッド脇でうつぶせの状態で倒れていた。出火元近くからは油のような臭いも確認。府警は住人とみられる男性が吉岡さんの殺害に関与した後、自室で火を放った可能性があるとみている。

男性の部屋と真上の吉岡さんの部屋には、ベランダをつなぐはしごが掛かっていた。吉岡さんの部屋のベランダと玄関は無施錠で、捜査関係者によると、部屋からは血の付いたバールのような鈍器が見つかった。

府警はこれまでに2人の間のトラブルは確認していないという。男性に目立った外傷はなく、消防によると、搬送時は心肺停止状態で、一酸化炭素(CO)中毒の疑いがあった。

現場はJR片町線住道駅から北東約900メートルの住宅街。マンションの近くに住む40代男性は「身近でこんなことが起こり物騒で怖い。何が起きたのか知りたい」と不安そうに話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン