/

塩野義製薬、鼻に噴霧するワクチン 22年度に治験入り

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
鼻の中に噴霧するワクチンは注射技術を持つ人材がいなくても投与できるため、医療環境が整っていない地域でも使いやすい

塩野義製薬は28日、鼻の中に噴霧する新型コロナウイルスのワクチンについて、2022年度から臨床試験(治験)を始めると発表した。ウイルスが侵入する鼻や喉の粘膜に免疫をつけて感染を予防する。注射技術を持つ人材がいなくても投与できるため、医療環境が整っていない地域や新興国でも使いやすい利点がある。

鼻に噴霧するタイプのワクチンについては7月、東京大学発の創薬スタートアップのHanaVax(ハナバックス、東京・中央)とライセンス契約を結んだと発表している。薬の有効成分を多糖類を使って粘膜に届けるハナバックスの技術を活用して独占的にワクチンを開発し、全世界で販売する権利などを取得した。

塩野義は28日、開発中の筋肉注射で投与する新型コロナワクチンについて、国内外でワクチン接種者への追加接種(ブースター接種)の治験を検討していることも明らかにした。最終段階の治験を21年内にも始め、22年3月末までの実用化を目指す。

開発中の新型コロナの飲み薬について、国内で最終段階の治験を始めた。対象は軽症や無症状の感染者で、ホテルなどの宿泊療養者も含む。投与しやすい飲み薬のニーズは大きい。今回の治験で有効性と安全性を確かめ、早期の承認申請をめざす。

塩野義の飲み薬は、ウイルスの増殖に必要な酵素の働きを妨げる。感染初期に服用し、重症化の防止と発熱やせきなどの症状改善を狙う。1日1回の服用を5日間続ける。7月に始めた第1段階の治験では、国内の20歳以上55歳以下の健康な成人75人を対象に投与した。安全性に大きな問題は認められなかったという。

今月27日に始めた最終段階の第2~3段階の治験では、軽症者の症状回復までの時間や無症状者の発症割合などを見て有効性を評価する。医師や看護師を派遣して、宿泊療養者も対象とする。開発と並行して生産拠点の整備も進めており、年内に国内で100万人分の生産体制を確保する。

新型コロナ特集ページへ

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン