/

日野とダイハツも工場停止へ トヨタ系へのサイバー攻撃

日野自動車とダイハツ工業は28日、3月1日に国内工場を停止すると明らかにした。トヨタ自動車の部品を作るサプライヤーがサイバー攻撃を受け、部品供給システムが影響を受けたため。

日野は国内にある全ての完成車工場の稼働を停止する。国内外向けの大・中型トラックを生産する古河工場(茨城県古河市)と、トヨタの受託車や小型トラックを生産する羽村工場(東京都羽村市)の稼働を止める。「2日以降の稼働については未定」としている。

ダイハツは京都工場(京都府大山崎町)の稼働を停止する。数百台程度の減産規模になるとみられる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン