/

この記事は会員限定です

京都市の有識者委員会、別荘・空き家税導入を答申

[有料会員限定]

京都市の新たな財源を検討する有識者委員会は28日、日常的に住まいとされていない住宅に課税する別荘・空き家税を導入するよう門川大作市長に答申した。新型コロナウイルス禍で市の財政が厳しさを増す中、増収効果は最大で年間20億円程度と試算する。門川市長は「導入時期は未定だが、スピード感を持って検討していきたい」と話した。

導入を検討する新...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り162文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン