/

この記事は会員限定です

日本ハム、大豆ミート食品本格輸出 まず米国の飲食店へ

[有料会員限定]

日本ハムは大豆ミート(代替肉)食品の輸出を本格化する。まずは米国向けで、大豆ミートを調理・加工してつくった唐揚げなどを現地ですしチェーン店を手がける企業に販売する。米国では大豆ミートなど植物性食品の市場が日本よりも広がっている。先行する市場で定着を図り、海外への販路を広げたい考え。

8月末に約16トン分の大豆ミート商品を米国向けに出荷して、9月には現地に到着する予定だ。輸出するのは大豆ミートを使...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り492文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン