/

この記事は会員限定です

国学院久我山初の4強 4番一発、継投もはまる

[有料会員限定]

4四死球をもらいながら四回まで無安打。守っては失策から先に2点を失った国学院久我山。しかし五回、そんな流れを一気に振り払った。

四球、犠打で1死二塁とし、1番斎藤が右前へ。星稜の先発・武内から放った初安打で1点。結果的にこれが試合の流れを変えた。

この1安打で星稜はエースのマーガードに交代。しかし2死後、木津の投ゴロを悪送球して同点に。これで4番下川辺の気持ちが高まった。自らの失策が先制点につな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り388文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン