/

この記事は会員限定です

奈良のランドマーク興福寺五重塔、120年ぶり大規模修理

時を刻む

[有料会員限定]

人々の高い塔への憧れはいつの時代も変わらない。興福寺(奈良市)の国宝、五重塔は昔も今も奈良のランドマークだ。2022年度から大規模な修理が始まるが、塔がすっぽり素屋根に覆われる前に、その高みからの眺望をカメラに収めた。街を見はるかす廻縁(まわりえん)に立つと、いにしえの奈良の都が浮かび上がってくる。

中世まで5度焼失

五重塔は730年(天平2年)、藤原不比等の娘で聖武天皇の皇后だった光明皇后の発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1627文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン