/

この記事は会員限定です

「ごった煮の街」大阪の真骨頂 新旧の景観併存が魅力

都市の針路 多様性を育む(4)

[有料会員限定]

商都大阪の中心だった船場地区(大阪市中央区)には新旧の景観が入り交じる。東西約1キロ、南北約2キロの範囲に明治~昭和初期の近代建築が30件超現存し、国の重要文化財も江戸期の適塾などを含め4件。一方で21世紀の建築である高層マンションやホテルも並ぶ。

綿業会館、芝川ビル、船場ビルディング……。現役で働くレトロなビルも多い。近畿大学の高岡伸一准教授は「各時代の建物がショーケースのように残り、歩いて巡るだけで大阪の移り変わりを感じられる」と語る。

築70年の文化住宅を福祉拠点にリノベーション

2025年国際博覧会(大阪・関西万博)の会場には地下鉄で1本。一般社団法人「アーバンツーリズム大阪・船場」は滞在客向けにガイドツアーなどを計画し「飲食や買い物も楽しんでほしい」(池永純造代表理事)と期待する。

政令指定都市の空き家率ワースト5

都心部の風景が変わる一方、住宅や工場が混在する街では...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1021文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

都市の針路

2025年万博に向け、大阪・関西が動き出しています。魅力ある都市とは、絶えず新しいものが生まれ、そこで学びたい、働きたいと若者がやってくる「憧れの対象」です。長期低迷からの脱却をめざす都市の現状を描き、都市の進むべき道を考えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません