/

西九州新幹線が運転再開 爆破予告で一時見合わせ

(更新)

JR九州は28日、西九州新幹線の爆破予告メールが沿線自治体に送られたとして、午後3時ごろから一時、同新幹線の全線で運転を見合わせ、長崎駅など全5駅で施設外に退避するよう利用者に呼びかけた。同社は施設などの安全確認を行い、同4時ごろに運転を再開した。

JR九州によると、上下計2本が運休したほか、上下計2本が最大25分遅れ、約800人に影響した。在来線にも運休や遅れが生じた。新幹線の設備に関する異常や利用客のけがなどは確認されなかった。

佐賀県武雄市や嬉野市などによると、28日未明に「西九州新幹線の施設の複数箇所に高性能な爆弾を仕掛けた」といったメールが届いた。爆破時刻は「28日午後3時34分」としていた。JR九州は武雄市からの情報提供で同日午前に爆破予告を把握したという。

西九州新幹線は9月23日に開業したばかり。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン