/

この記事は会員限定です

憧れのパイプオルガン、ワンコインで非日常 手軽に体験

おカネ知って納得

[有料会員限定]

重厚な音色で「楽器の王様」とも呼ばれるパイプオルガン。コンサートホールや教会の壁面に設置された巨大な楽器を、一度は演奏してみたいと興味を持つ人もいるのではないか。楽器本体は億を超える高額が多いが、関西には思いのほか手ごろな価格で体験できる施設があった。

大阪府の公共施設で唯一パイプオルガンがある羽曳野市立生活文化情報センター(LICはびきの)は2003年から個人向けのレッスンを開いている。7年前...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り762文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン