/

傑作絶叫マシンうむ関西企業 初の4足歩行ロボで新境地

LBSローカルビジネスサテライト

テーマパークにあるジェットコースターなど遊具の分野で世界的に知られる企業が大阪市に本社を置く三精テクノロジーズだ。ナガシマスパーランド(三重県桑名市)など、国内外の遊園地やテーマパークに多くの遊具を納入した実績を持つ。同社がいま挑戦しているのが、世界初となるロボットを使った遊具の開発。4人が乗車可能な四足歩行ロボットで、テーマパークのパレードについて行ったり、シューティング機能をつけて対戦を楽しんだり、といった使い方を想定している。子どもたちがロボット遊具に乗って楽しむ日も遠くない未来に訪れそうだ。

関西セクショントップページはこちら

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません