/

任天堂、スマホゲーム「ドクターマリオ」終了へ 11月

11月に終了する「ドクターマリオ ワールド」 Ⓒ2019 Nintendo Co-Developed by LINE and NHN

任天堂は28日、スマートフォン向けパズルゲーム「ドクターマリオ ワールド」のサービスを11月1日に終了すると発表した。同社はスマホゲームを現在、6本配信しており、終えるのは2018年の「Miitomo(ミートモ)」以来2本目。終了理由について「パズルゲームの楽しさを届ける目的は一定程度達成できた」としている。

ドクターマリオは医者にふんしたマリオが「ウイルス」を倒すパズルゲームで、19年7月に配信を始めた。キャラクター追加などに使えるゲーム内通貨「ダイヤモンド」の販売は28日に終了し、未使用分は払い戻す。サービス終了後はプレイ履歴を確認できるウェブサイト「ドクターマリオ ワールド メモリーズ」を開設する。

任天堂は16年にスマホゲームに参入。「スーパーマリオラン」など約2年間で4本を配信したが、足元では配信ペースが落ちている。20年5月には古川俊太郎社長がモバイル事業の目的を「より多くの人に任天堂のゲームの世界観に触れてもらうこと」とした上で、「新しいアプリを何本も出すよりは、IP(知的財産)の積極活用の手段としてモバイル事業を続けたい」と話し、方針を変えていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン