/

この記事は会員限定です

大商新会頭の鳥井信吾氏「『やってみなはれ』で最善を」

[有料会員限定]

設立140年超の歴史ある大阪商工会議所の27代会頭に就いたのが、大阪発祥のグローバル企業、サントリーホールディングスの創業家出身の鳥井信吾副会長。同社(当時はサントリー)からの大商トップは、伯父にあたる佐治敬三氏以来、三十数年ぶりだ。

ウイスキーの「マスターブレンダー」、文化財団の理事長、美術館館長など、一経済人にとどまらない多彩な顔を持つ。29日の就任あいさつでは「『やってみなはれ』の精神で最...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り400文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン