/

この記事は会員限定です

NTT西日本、ステーキ店に需要予測AI あさくま全67店

[有料会員限定]

NTT西日本は飲食店向けに人工知能(AI)を使った食材の需要予測システムを開発した。まずは2021年度中にも愛知県を中心に展開する飲食チェーン「ステーキのあさくま」の全67店舗に導入する。気象条件や販売データから来店客数や各メニューの注文数を予測。高価な食材である牛肉などの廃棄を減らし、仕入れコストの約1割削減を目指す。

システムは降水量や体感気温を販売データなどと組み合わせて分析し、牛肉や付け合わせ具材...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り796文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン