/

この記事は会員限定です

キーエンス、進化なければ化石 時価総額16兆円の原動力

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

センサー大手のキーエンスは28日午後4時、2021年4~9月期の連結決算を発表する。27日時点では時価総額は約16兆円にのぼり、国内の上場企業ではトヨタ自動車ソニーグループに次ぐ3位だ。メーカーながら売上高営業利益率が50%を上回る高収益体質が評価されている。強さの源泉は顧客のメーカーや物流会社に密着して得たデータ分析に基づくコンサルティング営業だ。業績に比例して平均年収も1700万円台と主要な上場企業でトップだ。

「大量生産に依存...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1649文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン