/

アシックス、厚底シューズでナイキ猛追 最速創る現場

LBSローカルビジネスサテライト

スポーツシューズ大手のアシックスが設置している製品開発の中核拠点、スポーツ工学研究所(神戸市)では新製品開発に3次元(3D)のモーションキャプチャー(動作分析)技術を活用している。ランナーの全身に数多くのマーカーを取り付け、走る様子をハイスピードカメラ24台で撮影しており、ランナーの一挙手一投足をすべて捕捉する。シューズの違いによって走り方などがどのように変化するのかを確認し、製品開発に反映している。2017年に「厚底」シューズが登場し、新製品開発の競争が激しくなるなか、選手を支える新たな最速シューズを生み出そうとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン