/

この記事は会員限定です

関西のタマネギ起源は泉州 淡路島にも伝来、近年は幻に

とことん調査隊

[有料会員限定]

関西では淡路島が名産地として知られるタマネギ。実は栽培のルーツは大阪・泉州にあった。明治初期に流行病に効くという俗説もあって、大阪府田尻町の農家が栽培を軌道に乗せ、淡路島などに広がった。当時の品種は一時、出荷も止まり「幻のタマネギ」となったが、近年は一部で生産が復活して町おこしにつながっている。

大阪府田尻町。昔からの町並みを残す街道沿いに「泉州球葱(たまねぎ)栽培之祖」と刻まれた碑が立つ。碑は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1216文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン