/

消毒用アルコールを検知 JR西日本、ロッカーで漏れる

(更新)

27日朝に新岩国発新大阪行きの山陽新幹線こだま838号に乗務予定だった60代の男性運転士と30代の女性車掌の2人からアルコールが検知された事案について、JR西日本は27日、検知器が保管されているロッカーで漏れた消毒用アルコールが原因とみられると明らかにした。

JR西によると、2人は26日夜に新岩国駅構内の宿泊所に泊まった。車掌が仮眠前に消毒用アルコールスプレーの入ったかばんをロッカーに入れた。同じロッカーの別のスペースにアルコール検知器が保管されていた。

JR西ではアルコールが検知されれば乗務できない内規を設けているが、2人は間を空けて3回ずつ行った検査でいずれも検知した。

2人が飲酒をしていないと説明したことや、車掌からかばん内でアルコールが漏れていたとの申告があったことなどから再現実験をしたところ、同じように検知器が反応したという。

JR西は今後、アルコール検知器の動作に影響がある保管環境があれば見直したいとしている。

会見した新幹線運輸部の鶴原修課長は「お客さまに大変なご迷惑、ご心配をおかけしたことをおわび申し上げる」と陳謝した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン