/

この記事は会員限定です

人集め集団接種や集落から送迎 関西自治体知恵絞る

データで読む地域再生

[有料会員限定]

関西6府県の全世代の1回目接種率(8月3日時点)は35.7%と、全国平均と同水準だ。各自治体は中小企業の連携による職域接種や、集落向けに集団の送迎車を用意するなど接種促進に向けた知恵を絞る。関西で接種率が最も高い和歌山県(44.9%)は県主導での周到な準備が奏功。大阪府では自治体と地元医師会が連携した取り組みもみられる。

「予約がとれない状況の中、接種の機会をつくってもらいありがたい」。7月27...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1483文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

データで読む地域再生

「データで読む地域再生」では、政府や自治体、民間の統計を日本経済新聞が独自に分析し、様々な課題の解決に取り組む地域の姿に迫ります。自治体や企業の取り組み事例も交え、人口減少や観光振興、ものづくりなど、様々なテーマを取り上げます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン