/

この記事は会員限定です

関西企業の時価総額、コロナ禍で伸び 21年6%増

[有料会員限定]

2021年の関西企業の時価総額は、28日時点で20年末から6%増えた。世界的に需要が増えた半導体や電子部品、五輪効果を捉えたスポーツの関連企業が伸びた。旅客の戻りが遅い鉄道は株価の低迷が続くが、小売りや外食、レジャーは外出需要の増加を業績回復につなげた企業も目立った。

日本経済新聞社グループ、QUICKの企業情報をもとに、近畿2府4県の上場企業633社を対象に調べた。時価総額は企業の価値を示し、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1091文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン