/

この記事は会員限定です

ダイキンが銅使用量を半減 脱炭素で高騰、アルミで代替

【イブニングスクープ】

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

ダイキン工業は2024年度までに、主力のエアコンに使う銅の量を世界で現在の年9万トンから半減させる。新型コロナウイルス禍からの経済回復期待や自動車の電動化など脱炭素の動きを背景に、銅の国際価格は1年で4~5割上昇した。収益圧迫リスクの高まりを受けて他社に先行してアルミニウムに切り替える。価格高騰を契機に代替素材を探る技術開発競争が活発になる。

銅は熱や電気を伝えやすく加工もしやすいため電子部品や車部品、電線な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り681文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン