/

オムロンヘルスケア、AIで心疾患予防 京都大学と研究

京都大と組み、心疾患の予兆を検知するアルゴリズムをつくり、予防に役立てる

オムロン子会社のオムロンヘルスケア(京都府向日市)は27日、人工知能(AI)を使って心疾患などを予防する研究を京都大学と共同で始めると発表した。同社が販売するウエアラブル血圧計などのデータを使い、疾患発生の予兆を検知するためのアルゴリズムを開発する。共同研究は6月から3年間行う。

AI解析技術に詳しい京大の奥野恭史教授が共同研究の代表を務める。研究では、高血圧患者に最適な血圧管理、心筋梗塞や脳疾患の発症の予兆という2つのテーマを掲げている。オムロンヘルスケアが集めたデータをスーパーコンピューターで分析し、アルゴリズムを開発する。

オムロンヘルスケアは海外を中心に遠隔医療分野の事業展開を進めている。アルゴリズムが開発できれば、医師による遠隔診療の支援につながるとみている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン