/

自転車販売のあさひ、税引き益23億円 22年3~5月

(更新)

自転車販売のあさひが27日発表した2022年3~5月期単独決算は、税引き利益が23億円だった。今期から「収益認識に関する会計基準」を適用したため、前年同期比増減率を開示していないが、単純比較では2割減益だった。販売増が一服するなか、新規出店を強化したことで人件費が膨らんだほか、自転車の材料価格上昇が響いた。

売上高は242億円でほぼ横ばいだった。コロナ禍で販売が伸びていた子供用自転車などで販売が鈍化したほか、スポーツ用の商品は値上げなどで販売が落ち込んだ。修理やメンテナンスなどのサービス収入で補った。

同社が販売する自転車は大半を中国で生産している。足元の円安や海上輸送費の高騰などで仕入れ値が上昇している。あさひでは21年2月末から全商品の7割程度を5~7%値上げしているが、コスト上昇分を補えなかった。

23年2月期は売上高が780億円、税引き利益が37億円と従来予想を据え置いた。

関西セクショントップページはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン