/

この記事は会員限定です

大阪の観光振興「ブロック割」 誰がどこで使える?

[有料会員限定]

関西で新型コロナウイルスの感染者数が最も多い大阪府でも6月1日から政府の観光振興策「ブロック割」の適用がスタートする。2021年に始まった「県民割」の拡大版で、全国を6つのエリアに分けて域内の都道府県間の旅行などに割引が適用されるが、仕組みはやや複雑。大阪ではどのような制度になっているのか。

Q なぜこのタイミングで開始したのか?

A 新型コロナの感染状況が改善したからだ。同制度は都道府県知事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り808文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン