/

大阪公立大が大阪信金と連携協定 取引先と共同研究

大阪府立大と大阪市立大が合併して4月に発足した大阪公立大学は27日、大阪信用金庫と産学官連携協定を締結したと発表した。公立大と大阪信金の取引先である地元企業との共同研究を進めるほか、大阪信金が公立大発のスタートアップから資金相談にのる。

大阪信金は公立大が中百舌鳥キャンパス(堺市)に産学官連携拠点を設けて企業との共同研究やスタートアップの育成を進める「イノベーションアカデミー構想」にも協力する。大阪信金は府大と産学連携協定を2003年に締結しており、公立大でも協定によりこれまで以上に連携を深めたい考え。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン