/

大阪府、27日の新規感染741人 2カ月半ぶり700人超

(更新)

大阪府は27日、新型コロナウイルスの新たな感染者を741人確認したと発表した。府内の新規感染者数が700人以上となるのは5月15日以来で約2カ月半ぶり。直近1週間の感染者数で見ると前週比1.5倍で、感染拡大の傾向が鮮明だ。6月20日に緊急事態宣言が解除され、「まん延防止等重点措置」に移行後、人出も増加しており、府は警戒を強めている。

年齢別で見ると、20~30代の感染者は379人で約半数を占めた。一方、60代以上の感染者は45人と6%にとどまる。府内では26日時点で65歳以上の63.57%がワクチンを2回接種している。府幹部は「ワクチンを打った高齢者の感染は抑えられているが、まだ打っていない世代で感染が広がっている」と懸念する。

重症者数は前日から3人減の62人で、確保病床(587床)に対する使用率は10.6%、すぐに使える「実運用病床」(312床)に対する使用率は19.9%となった。PCR検査などを計8910件実施し、陽性率は8.3%だった。

人口10万人あたりの直近1週間の新規感染者数は36.30人で、すでに国の分科会が示す感染状況の指標で最も深刻な「ステージ4」(25人以上)の水準となっている。一方、重症化しやすい高齢者の感染は抑制傾向にあり、病床使用率は「ステージ3」の水準。吉村洋文知事は緊急事態宣言の要請について、「ステージ4」が1つの判断基準とする一方、「感染者数だけでなく他の指標を組み合わせながら判断する」との考えを示している。

27日の兵庫県の新規感染者は260人、京都府は96人となった。1日に確認された感染者数がそれぞれ200人、90人以上の水準となるのは約2カ月ぶり。

兵庫県の井戸敏三知事は「まん延防止等重点措置」の要請について、新規感染者数が200人を越える水準になることが「一つの目安」としている。28日に対策本部会議を開き、重点措置を要請するかを含め、8月1日以降の対応を協議する。

新型コロナ特集ページへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン