/

自転車のあさひの3~11月期、税引き益19%減

自転車販売のあさひが27日発表した2021年3~11月期の単独決算は、税引き利益が前年同期比19%減の39億円だった。新型コロナウイルス下の自転車需要の高まりで店舗数を前年同期比で16店増やしたことで人件費がかさんだ。

売上高は3%増の565億円。単価の高い電動アシスト自転車が幅広い年齢層の関心を集め、売り上げが2割増えた。一方、世界的な自転車需要の増加で部品メーカーの供給が追いつかず、スポーツ自転車の販売が落ち込んだ。巣ごもりによる近所の外遊び需要で伸びていた子ども向け自転車の売り上げも減少した。

22年2月期通期は売上高が前期比1%増の700億円、税引き利益が26%減の35億円とする従来予想を据え置いた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン