/

米ナイアンティック、「ピクミン」アプリ提供開始 

日本は11月初旬にも 

人気ゲーム「ポケモンGO」などを手掛ける米ナイアンティックは27日、任天堂の人気キャラクター「ピクミン」を題材にしたスマートフォン向けアプリの提供を始めたと発表した。同日からオーストラリアとシンガポールで配信を開始。日本では11月初旬にも配信を始める。ナイアンティックは3月に任天堂とアプリ開発で提携したと発表していた。

アプリ名は「ピクミンブルーム」。スマホの位置情報と連動し、利用者が場所を移動するとアプリ上のアバターも動く。歩行数に応じて小生物「ピクミン」が仲間になったり、フィールド上に花を植えられたりする。ピクミンの種類を増やすなど課金の仕組みもあるという。

拡張現実(AR)の技術を活用し、現実の風景に自分のピクミンを合成表示することもできる。開発に携わった任天堂の宮本茂代表取締役フェローは「旅先で写真を撮るなどして、ピクミンと思い出をつくってほしい」とのコメントを寄せた。

ナイアンティックのジョン・ハンケ最高経営責任者(CEO)はアプリについて「多くの人が歩いて花を咲かせることで、毎日の散歩が楽しいものになる」と説明する。

ナイアンティックは任天堂のキャラクターを使ったアプリを共同開発する契約を複数年結んでいる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン