/

この記事は会員限定です

和歌山ー名古屋の通行料金 ルート違えば5000円超の差

おカネ知って納得

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの新たな変異型「オミクロン型」の市中感染が増え始めた年末年始。和歌山単身赴任中の記者は、感染防止を徹底しようと自家用車での東京帰省を考えた。時間・距離・高速料金などを調べてみると、名古屋から先は東名高速か新東名高速かで大差はないものの、名古屋圏までは2ルートに分かれ、料金に大きな差があった。

車のナビで検索すると最初に出てくる、和歌山インターチェンジ(IC)から阪和自動車道、近...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り739文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン