/

この記事は会員限定です

効率的、効果的な教育制度

十字路

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

2022年度の予算折衝が本格化している。教育予算における説明責任という意味で重要な年度となる。それは小学校では35人学級の導入が進み、国立大学では第4期中期計画の期間に入るからだ。

小学校では21年4月より、2年生に35人学級が導入された。小学2年生にはすでに少人数学級を実現するための「加配教員」が配置されており、その教員を振り替える形で実施された。

22年度以降も小学3年生から6年生まで随時、3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り532文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン