/

この記事は会員限定です

教訓踏まえ病床逼迫回避、第5波の大阪 次の備えに課題

[有料会員限定]

新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言が30日で解除された。大阪府は医療体制が危機的な状況となった「第4波」の教訓を踏まえ、今回の宣言下では病床の上積みや早期治療に重点を置き、病床逼迫の回避を図った。30日には最大1000床規模を想定する臨時医療施設を開設。今後は感染再拡大への備えをどう機能させるか問われることになる。

大阪府は適切な医療を受けられずに自宅で少なくとも19人が亡くなった第4波の経験を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1249文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン