/

大阪IR、MGMに正式決定 年間売上高5400億円見込む

(更新)
カジノを含む統合型リゾート施設のイメージ(MGMリゾーツ・インターナショナル、オリックス提供)=共同

大阪府と大阪市は28日、誘致を目指すカジノを含む統合型リゾート(IR)で米MGMリゾーツ・インターナショナルとオリックスの共同グループを正式に選定したと発表した。同グループの提案では開業時に計2500室規模となる3つのホテルを備え、年間の売上高は約5400億円を見込む。府・市は同グループとともに2022年4月までに整備計画をまとめ国に提出する。

28日午後に吉村洋文知事が記者会見し発表した。吉村氏は「世界最高水準の成長型IRを実現する」と意気込みを語った。

統合型リゾート(IR)の事業者について記者会見する大阪府の吉村知事(28日午後、大阪市中央区)

MGM・オリックスの共同グループは大阪IRの公募に唯一参加していた。府・市は9月中旬までに選定委員会で事業者を選んだ。同グループは25年国際博覧会(大阪・関西万博)の会場にもなる人工島・夢洲(ゆめしま)に初期投資額約1兆800億円で20年代後半の開業を計画している。

同日公表された提案内容によると、年間の来場者数は国内外から約2050万人を見込む。開業時にカジノ施設、ホテルに加えて、展示面積が2万平方㍍の展示場と6000人以上を収容できる国際会議場ができる。

 カジノを含む統合型リゾート施設の夜景イメージ(MGMリゾーツ・インターナショナル、オリックス提供)

ギャンブル依存症対策についてMGMの知見を踏まえ、厳格な入場管理や24時間利用できる相談体制を構築する。質の高い雇用機会の提供や地元産品の調達で大阪・関西の持続的発展に寄与する。

現在IRの誘致を表明しているのは府・市と和歌山県、長崎県の3地域。府・市の決定で誘致を目指す3地域の事業者が出そろった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン