/

この記事は会員限定です

ウッドショック、関西の信金が中小支援 地域に商流を

[有料会員限定]

木材相場高「ウッドショック」を巡り、住宅と木材の中小事業者を支えようと関西の信用金庫が動き始めた。取引先を橋渡しし、需給と価格の安定を後押しする。林業には働き手不足という課題もあり、混乱を逆手に地域に商流を生み出したい考えだ。

「太陽光発電用じゃないのか」。2月、京都府のゴルフ場。木を伐採した跡に植林している近隣の山を見た枚方信用金庫(大阪府枚方市)の吉野敬昌理事長は意外に感じた。山林伐採の目的は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1074文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン