/

尼崎USB紛失 許可得ず再委託、市長「賠償請求を検討」

(更新)

兵庫県尼崎市の全市民約46万人の個人情報が入ったUSBメモリーが一時紛失した問題で、市が業務を委託していたBIPROGY(ビプロジー、旧日本ユニシス)が、市の許可を得ずに一部の業務を再委託していたことが27日、分かった。稲村和美市長は「契約違反があった」との見解を示し、一連の経緯を踏まえ「損害賠償請求を検討する」と話した。

一方、ビプロジーは26日、USBを紛失したのは、同社の再委託先からさらに委託を受けた企業の社員だったと発表した。「再委託先の社員」としていた従来の説明を訂正した。

紛失した社員の所属先について「規模からも個人の特定につながる可能性がある」として明らかにしていない。同社は「再委託を報告していなかったかどうかについて、事実関係の再確認を進めている」とコメントした。

市とビプロジー側の契約関係の資料によると、再委託は市の許可が必要だと定められていた。市は再委託、再々委託のいずれもビプロジー側から報告がなかったとしている。稲村市長は27日、「契約違反があった。様々な観点から賠償請求を検討する」などと語った。

これまでの市などの説明によると、ビプロジー関西支社が市から新型コロナウイルス対策の給付金支給業務を受託し、別の会社に委託していた。23日と24日の記者会見では、この委託会社の社員がUSBを紛失したと説明していたが、その後の事実確認により誤りが発覚したという。

社員は市の許可を得ずにデータをUSBに複製して持ち出し、21日、大阪府吹田市内の居酒屋で約3時間飲酒。酔って路上で眠り込み、22日未明にUSBが入ったかばんの紛失に気付き、府警吹田署に遺失物届を出した。

かばんは24日に居酒屋から少し離れた吹田市のマンションの敷地内で見つかった。USBのパスワードが変更されたり、データの暗号化が解除されたりした痕跡はなかったとしている。

一連の問題について、市は外部の有識者で構成した第三者委員会を近く設置し、原因究明や再発防止策の検討を進める方針。

関西セクショントップページはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン