/

この記事は会員限定です

タカラバイオ、米に試薬製造拠点 米中対立リスク回避

(更新) [有料会員限定]

タカラバイオは、製薬メーカー向け研究用試薬の製造拠点を米国に新設する。これまで米国向けは中国・大連で生産していた。米国内に拠点ができれば、現地の大手製薬メーカーの要望に迅速な対応ができるうえ、米中対立により生じうるリスク回避にもつながる。

カリフォルニア州サンノゼ市にある米子会社の敷地内に、約3000平方メートルの製造拠点を設ける。投資額は約10億円という。研究用試薬などの製造に使う培養・精製装置のほか、品質...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り393文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン