/

この記事は会員限定です

騎手・藤懸が11年目の飛躍 重賞初V、GⅠでも善戦

[有料会員限定]

デビュー11年目の騎手、藤懸(ふじかけ)貴志(28、栗東・フリー)が6月20日のマーメイドステークス(GⅢ、阪神芝2000㍍)で初めての重賞勝利を飾った。ここまで通算99勝とあまり勝ち星には恵まれてこなかったが、2021年はハギノピリナ(牝3、栗東・高野友和厩舎)に騎乗したオークス(東京芝2400㍍)で初めてGⅠの舞台に立ち、3着に入るなど、飛躍の年を迎えている。

マーメイドSは牝馬限定のハンディ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り826文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン